虐待するならなぜ産むのかと思います|30代 妊娠希望

虐待するならなぜ産むのかと思います|30代 妊娠希望
Line

虐待するならなぜ産むのかと思います|30代 妊娠希望


ニュースの事件を見る度に虐待するならなぜ産むのかと思います

先日、知人の知人が、「友達が虐待で逮捕されてテレビに出ていた。

テレビに出ているのを見て事態にはじめて気がついた、自分の身近でおこったら絶対に防げる守れると思っていた、ショックだった」と言っていました。

やはりみんな、ことが起こってから気づくようなところがあるから、守りきれないのだと思います。

わたしは虐待で子どもが死ぬことが悲しくて悲しくてどうしようもありません。

どうして守れなかったのか、と。

事件の様相がニュースで流されるたびに悔しく思います。

暗いところに閉じ込められて、ごはんを食べることもできず。

大好きなお母さんにもお父さんにも抱きしめてもらえないまま死んでいくこと。

どんなに淋しく苦しかったのだろうと思います。

もし周囲に親がいたら、わたしならまず通報します。

同じマンションの中でそれらしい叫び声を聞いたこともありましたし、そのときも通報しました。

でも警察は正直動いてくれません。

「本当にそんな声聞いたんですか」というような反応…。

警察が生まれ変わらない限り、虐待もまたなくならないのかもしれません。


ダイアモンドユカイさんは閉塞性無精子症で、体外受精によってお子さんを授かった、プロゴルファーの横田真一さんと結婚した女優の穴井裕子さんは子宮内膜症で不妊治療を行い、二人のお子さんに恵まれる、清水圭の奥さんとしても知られる香坂みゆきさんは不妊治療を行って、二人の男の子を出産、子宮内膜症で不妊治療の末に二人の女の子を出産した女優の石田ひかりさん、男性不妊で体外受精によってお子さんを授かったWBC元世界王者の井岡弘樹さん、
Line