30代 妊活

30代の妊活は一日でも早く始めたほうがいい?
Line

不妊治療は少しでも早い方がいい?


30歳はまだ若いから、そんなに妊娠を焦らなくても大丈夫。

そんな風に思っている人は、少し考えを改めた方がいいかもしれません。

妊娠をする確率は、年齢が高くなればなるほど低くなっていきます。

同じ30代でも、30歳代前半の女性とアラフォーといわれる年齢の女性では、妊娠率は全く違うのです。

焦りまくる必要はないですが、本気で赤ちゃんが欲しいと思っている人は、妊活に力を入れたほうが良いでしょう。

年齢が高くなると共に卵子も老化をするのです。

その卵子の老化が、妊娠の確率を下げてしまう原因といわれています。


このように年齢は妊娠の鍵を握っているのです。

不妊治療をするならば、早めに始めたほうが良いと言えるでしょう。


Line

まずはタイミング法で受精の確率を上げる


産婦人科を受診すると、まずは問診を受け検査などはその後から行なわれます。

治療としては、最初はタイミング法をいう方法で受精の確率を上げることから始める場合が多いです。

タイミング法を行なう場合、女性は排卵があり男性は十分に元気な精子いることが条件となります。

産婦人科の医師の指示を受けながら行ないますが、体に負担が無いので気分的には楽でしょう。

しかし、タイミング法を行ってもなかなか妊娠にこぎつけない場合もあります。

半年くらいの間タイミング法を行っても結果が得られない場合は、次のステップに進んだほうがいいでしょう。

回数でいえば3回から6回ほどと考えてください。

女性が若い場合は継続も有りだと思いますが、30代の女性の場合はステップアップしたほうが良いと言えます。

しかし、ご夫婦の価値観などもありますので、医師のアドバイスも受け良く考えて決めましょう。

ちなみに、タイミング法の次は人工授精(AIH)にステップアップする場合がほとんどです。


Line

治療を受ける前に自分で出来ることも知っておこう


産婦人科を受診して不妊治療をする前に、少しでも自分で妊娠しやすい体作りをしておくのも良いでしょう。

タイミング法は、基礎体温を付けて排卵日をグラフで特定できれば自分でも出来ます。

しかし、基礎体温で排卵日を特定するのは難しいので、確実とは言えません。


確実ではなくても、何も考えずに生活するより、基礎体温の上がり下がりを把握することは大切でしょう。

アバウトだとしても、妊娠し易い時期を把握することができると思います。

妊娠しやすい体作りには、体を冷やさないことも大切なので、普段から体を温めるように努力してください。

服装の工夫、食事、生活習慣などで体を温めることができます。

ぜひ、実践してください。


Line

妊娠前から準備をしておくこと多いです。その一つが葉酸!


妊婦に大切だと言われている栄養素の一つである葉酸。

その葉酸ですが、妊娠中だけではなく妊娠前から必要だとご存じでしたか?

葉酸は妊娠初期の段階でとても重要な栄養素です。

妊娠前から摂っておけば、受精したその日から摂取していることになるので安心できます。


葉酸を主とした妊婦向けのサプリは、妊娠に必要な栄養素が十分に配合されていますので妊活中の女性の間でも利用している人が多いようです。

とくに「ベルタ葉酸サプリ」は、その原材料も植物由来なので安心して使用できます。

バランス良く栄養素が配合されている上、女性には嬉しい美容成分まで入っていますから、とてもおすすめです。

30代前半ならまだ大丈夫と思っている人も多いですが、一日でも早く妊活に取りかかったほうが良いでしょう。

妊娠しやすい体作り、葉酸などの栄養素の摂取、そして産婦人科への早めの受診を心掛けるようにしてください。

Line